鍵を交換した経験者からのアドバイス

Posted by admin on 2月 04, 2013
鍵屋選び

鍵の調子が悪くなってきたと思ったら早めに対応を考えたほうが賢明です。
そこで、まず、その鍵の重要度を検討します。
重要度によって、早急に対処しなければならないものと、そうでないものとがあります。
例えば、家の中で部屋に鍵をつけている場合、その重要度はそれほど高いものではありません。
ただし、その部屋に家族にどうしても入られては困る事情や、貴重品を置いている場合はそれなりの重要度があると言えます。
また、店舗兼用住宅やオフィス兼住宅で、お客様の出入りがある場合も部屋の鍵でも重要度は高いものです。
最も緊急を要する鍵は、言うまでもなく玄関の鍵です。
勝手口も外からの侵入者から狙われやすいので、こちらも侮れません。
ただ、勝手口がある場合は、仮に玄関の鍵が故障した時に、鍵さえあれば勝手口から入ることが出来ます。
勝手口がない家の場合、玄関しか出入りが出来ないということですから、この場合、玄関の鍵が故障したら、自分の家に入ることが出来なくなります。
そのような事態に陥らないために鍵の交換は異常を感じた時に早めにやっておくことが大切です。
玄関は毎日開け閉めしますし、雨風にも当たりやすい条件になっています。
たとえ鍵の素材がステンレスであっても、経年劣化や、サビによる不具合もありうるということです。
実際に鍵を交換した経験から感じたことは、自分で出来る自信がある時は、適合する鍵を探して自分で交換することが可能です。
もし、DIYが苦手で自信がなければ、専門業者にお任せする方をおすすめします。
ただし、DIYは自分で出来ると思っていても、それなりのリスクは伴います。
第一に現状の鍵に適合するかどうかの見極めです。
これはサイズを測り、形状を観察して判断しますが、実際には取り付けてみないと分からない物もあります。
特に特殊な形状のものは、適合するものを見つけ出すのは難しく時間もかかります。
一般に高級なものほどその傾向が強いように思われます。

Comments are closed.