自宅の玄関の鍵交換で安全性を高めよう

Posted by admin on 3月 08, 2017
未分類 / No Comments

ご自宅の鍵の安全性

一般的なご自宅の玄関のドアには鍵かついていると思います。
鍵がある事で一見安全性が確保されていると思われがちですが、実はそこに大きな落とし穴が存在しているです。
例えば日本で広く普及していたディスクシリンダー錠の中には、後になって簡単に不正解錠されてしまうという欠点が発見されて、製造中止になったものがあります。
現在ではそうした安全性に問題がある鍵の交換は進んでいますが、個人のお宅では未だ防犯上の問題がある鍵のまま使用し続けているというケースもあるようです。
ご自宅の安全性を確認する意味を込めて、一度鍵のチェックを行っておきましょう。

鍵交換で安全性の向上

なにも問題が発覚した鍵だけが鍵交換のメリットがある訳ではありません。
鍵の技術も進化していますから、旧式の鍵を新しいものに交換する事でピッキングなどに対する防御力などを向上させて防犯性を高める事が出来ます。
また侵入を企てる側に対しても、鍵を交換しているというのは防犯意識が高い事のアピールにもなります。
自宅の防犯対策の一環として鍵交換は非常に有効なのです。

進化している鍵

従来からあるディスクシリンダーやピンシリンダーといったタイプの鍵から、近年では鍵の表面にでこぼことしたくぼみが特徴で、ピッキングがしにくいとされるディンプルシリンダー錠なども増えてきています。
また磁石を埋め込むことで従来のピッキング手法を不可能にしたグマグネットキーや、防犯性の高いロータリーディスクシリンダーといった形式のものも登場して、従来のタイプからの交換が進んでいる状況です。
さらに最近では、住宅でもカードキーを活用するケースもあったり、指紋などを活用した生体認証錠も一般家庭でも導入できる様になってきています。
かつては、こうした高性能の鍵の導入コストが高く現実的では無かったのですが、現在では信頼性や低価格化が進んでおり徐々に普及しつつある状況です。
これから鍵交換を考える場合には、こうしたものも候補に入れておくと良いでしょう。